FC2ブログ

気が重くなる小学生による性犯罪 - えっち膳屋

気が重くなる小学生による性犯罪

小学生の性犯罪

当ブログではロリ系、レイプ物は記事にしていない。
管理人にいまいちその趣味がないからであるが、ネットでエロ話を探していて「小学生の性犯罪」というのを目にした。

小学生が性犯罪…
呼んでみると、ウーン…なんとコメントしていいものやら、わからなくなった。

管理人も小学生の頃、異性に対する興味はたしかにあった。
が、性的な意識はあまり持っていなかったような気がする。

とりあえず、記事にしてみる。
 

Wikipediaから

尼崎児童暴行事件(あまがさきじどうぼうこうじけん)とは、2006年11月に発生した兵庫県尼崎市の小学4年生の男子児童が主犯格となり、同級生の女子児童に対し、性的いじめを加えた事件である。


概要
小学4年生の男子児童が親が所有しているアダルトビデオを見た影響(男児が主張)により、2006年11月半ばに同級生の女子児童を呼び出し性的暴行を加えた。この際には複数の男児がその場に居合わせていた。
事件を報じた週刊新潮の記事によれば、下半身を触る、舐める、指を入れる、などはしたものの、性交自体は無かった。この行為の後、親に言うなと加害者は被害者に口止めを行った。
その後男児は足を蹴る、石を投げるなどの行為を行った。

12月8日に、女児が被害の内容を話していた友人の家族が事件を知り学校に通報、12月11日に、関係者が呼び出された。
この時点で女児の母親が初めて娘が性的暴行を訴えていると知る。
だが、男児は教師の聴取に対し行っていないと否定。
だがその夜、男児の父親から「息子が認めた」という電話がかかった。
夕刊フジは学校側は12月11日に尼崎市教育委員会(以下市教委)に報告したと報道したが、週刊新潮の報道では、12月12日の母親の学校への問い合わせによれば、学校は市教委へ連絡していなかったという。

事件後の経緯
加害児の父親は「あなたの子供が同じような目にあったらどうしますか?」という学校側の問いに対し「殺す」と答えた。
被害女児の母親は転校を希望していたが、母子家庭であり資金面の問題で転校が出来ないため、加害児童の親と学校側で転校にかかる費用を負担することで一時期合意がまとまりかけた。
加害者と被害者の両母親も面会し和解は成立したと思われた。

しかし、母親同士の面会翌日、加害男児の父親が「(被害女児の母親が)妻を脅迫してきた」と主張し、事態が一変した。
さらに男児の父親は「うちの息子に手を出したらただでは済まんぞ」と女児の母親を恫喝。
これを重く見た学校側により、転校の話は破談した。
現在も男児と女児は同じ学校に通うことを余儀なくされている。
また、尼崎市教育委員会は女児が被害者であるにもかかわらず「娘に問題がある」と話した。

尼崎市教育委員会学校教育課は、男児の保護者が女児の保護者に謝る場を設けたり、カウンセラーを付けたりなどしていると主張したが、女児の母親はカウンセラーも付けてくれず何もしてくれないと述べた。
週刊新潮はこれらを「見事なまでの隠蔽体質と事なかれ主義」と表現した。
教育評論家尾木直樹は現実にはこういった事で学校を替えたり引っ越したりしたら、際限がなくなってしまう(数からすれば紛れも無い事実である)とは述べたが、同時に学校や市教委の対応については「言語道断」と述べている。

さらに、週刊実話5月3日号によれば、加害男児ら複数の児童は事件後も相変わらず被害女児への集団性的暴行を繰り返した模様である。
出典 : 週刊新潮4月19日号(朝日放送「ムーブ!」でも放送)


大邱小学生集団性暴行事件(テグしょうがくせいしゅうだんせいぼうこうじけん)とは、大韓民国大邱広域市で初等学校(小学校)高学年の男子児童らが女子児童に対して日常的に強姦行為を繰り返していた事件である。

概要
最初は男子児童同士で上級生が下級生に無理矢理わいせつ物を見せ、同性同士の性行為を強要した後に断ったら殴るなどのいじめが中心だったが、そのうち暴行の被害を受けていた男子児童らが女子児童に暴行を加えるのに参加しはじめるという、被害者が加害者に転じる構造が形成されていたとされる。

男子児童の多くは共働き夫婦で両親が不在の時にインターネットやケーブルテレビでわいせつ物を見て、その性行為を学校生活における集団の中で真似していたとも報道された。

大韓民国では、急増している暴行の若年齢化が深刻な社会問題であった。
高校生でもなく中学生でもない、思春期を迎える前の小学生によるとされる本事件は、地域社会の道徳問題とも関連付けられ、韓国社会全体に大きな衝撃を与えた。

事件発覚からの経緯
保護者から届出
大邱西部警察署に小学校及び中学校の男子が集団で小学生の女児数人に対して性的暴行を加えたと被害者の両親が通報した。
警察は、2008年4月21日午後5時頃、大邱広域市西区にあるテニスコート裏で、中学生グループが後輩にあたる小学生の男子児童らに年下の女子児童を連れて来させ小・中学生共に性的暴行を行なった疑いで捜査を進めた。

加害者は処罰できない刑事未成年者(14歳未満)に成るが、取り調べを進めると同地区の先輩と後輩にあたる仲間であることが判明し数人は容疑を認めた。
被害者である女児は性的な暴行を集団で加えられ、性的な嫌がらせなどを受けたと数人が供述したが、残る女児らは暴行を受けた事実を否定したり供述を拒んだ。

蔓延していた性的暴行
4月30日、全国教職員労働組合大邱支部など18の市民団体からなる「学校暴力・性的暴力の治癒と予防のための大邱市民社会共同対策委員会」(以下、共同対策委員会)は記者会見を開き、被害者の通う小学校に勤務している教師が、2007年11月頃に学校の教室内でセックスの真似事をするのを目撃したため実態調査を行った所、2006年1学期から小学校5年から6年男子児童が小学校3から4年男子児童に集団で性行為の強要、性的暴行、性的嫌がらせなどわいせつ行為が頻繁に行なわれてきており、40人余りが性的暴力を行なっていたことが判明していると公表した。
現時点で判明した加害者及び被害者数は増える可能性があるが、具体的に3から4人の男子児童が1人の女子児童を人目につかない遊び場、公園、ゲームセンター、学校内の隠れた場所などに連れ出してわいせつ行為が行われていたという。

全国教職員労働組合大邱支部のイム・ソンム教師は「教師が事件発生直後に学校に報告を行い、対策を要求したが、学校側はそれを黙殺していた」と批判した。
これに対して学校側は「加害者の生徒もわいせつ物の被害者とみなし、処罰よりは教育を通じて、問題を解決しようとした。両親と共にカウンセリングを行うなど、必要な措置を全て講じた」と反論、発覚後には専門家による性教育を行い家庭へ文書をなどして対策を取って来ていると主張した。

大邱市教育庁初等教育課のイ・テヨル奨学官は「関与した児童の人権を考え、内部で対策を立てていただけで、事件を隠ぺいしようとしたわけではない。
今後問題の学校に対する監査を行い、加害者を処罰し、被害者に対するケアも行う」と述べた。
関連記事
Powered By 画RSS
管理人おすすめサイト
安心して楽しめるエログ情報満載。 ネット上のあらゆるアダルトブログが集結するサイト「エログちゃんねる」
トップページで年齢認証がありますので、「18歳以上なので入場する」をクリック。 管理人はこのサイトの「ニュース」がお気に入り。興味あるカテゴリーをクリックしてみれば、デヘヘな動画が見つかるかも。

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ecchizenya.jp/tb.php/1759-af1c6bb7