FC2ブログ

性豪の女性の話 - えっち膳屋

性豪の女性の話



「性豪」というキーワードでググってみました。

歴史上の人物や、昔の芸能人の話とかいくつかのパターンが出てきたのですが、女性芸能人の性豪の話が面白かったので、記事にしてみます。

事実かどうかはわかりませんよww

まずはこの記事↓
 肉食系女子という言葉が定着して久しいが、芸能界も例外ではない。どんなに清楚なイメージをつくりあげても、ひとたび性欲が暴走すれば肉食全開で男を食い散らかす美女タレントは少なくない。そんな美女たちの下半身事情を発売中の「週刊実話」(日本ジャーナル出版)が取り上げており、『芸能界で噂の新性豪列伝20人』として北川景子(25)や深田恭子(29)、吉高由里子(23)、優香(31)らの名前が上げられている。 
 若手女優の性豪の代表格として上げられているのは、山下智久や松本潤らジャニタレから元サッカー日本代表の中田英寿、プロ野球選手の斎藤佑樹まで各界のオトコを食いまくっている“芸能界の肉食女王”こと北川景子。クールな外見に似合わず実は感情が豊かな彼女は、ベッドの上でも情熱的。一部週刊誌が報じたところによると、彼女と関係した二人の俳優がクラブで思い出話をした際、「ぽってりした唇を駆使したフェラが抜群だった」と意見が合ったという。お高くとまった印象のある彼女が、ベッドで献身的に口で奉仕すれば、どんな男でも落ちてしまうだろう。

 おっとりとした印象のある深田恭子も北川に負けない肉食派だ。東山紀之や野島伸司、玉木宏、くりぃむしちゅー・有田哲平、内田朝陽、五十嵐麻朝らと浮名を流してきた彼女。年上でも年下でもお構いなしで、相手のステータスも関係なく、有田と交際していることからイケメン専門というわけでもない。まさに手当たり次第といった感じで、まさに股が乾くヒマがないほどだ。彼女の肉食ぶりを決定づけたのは、かつて「進ぬ!電波少年」(日本テレビ系)の旅企画に出演した俳優の伊藤高史との夜のエピソード。深田とデートをした伊藤は、自分が押し倒す前に彼女に押し倒され“逆レイプ”されたという。後日、伊藤は友人に「そのままヤラれちゃったよ」「あのコは気持ち良ければ何でもありだ」などと暴露したそうだ。

 カーセックス好きで知られるのは、先日12年ぶりに水着グラビアを解禁した優香。99年にV6・岡田潤一との“車中愛”を写真誌に激写されており、優香がマンションの前で待っていた岡田の車に乗り込み、後部座席で二人は4時間も過ごした。その際に車が激しく揺れており、あまりにエグすぎて表に出なかったが、実際は決定的な“口淫写真”も撮られているといわれている。04年に妻夫木聡とのデートをスクープされた際も、車中で3度キスをしたところを撮られている。人目を気にしなければいけない芸能人がスリリングな車中愛を楽しむのは、格別の興奮があるのだろうか。

 バラエティー番組などで不思議ちゃんキャラとしても人気の吉高由里子は、自身のセックス事情をあけすけに語ってしまうほどの飾らない性格で有名。一部週刊誌で報じられたところによると、男女の友人たちと居酒屋で飲んでいた彼女は「ねえ、いつセックスした?」「私は3日前にヤッたけどね」などと大声で語り、周囲を驚かせた。さらに、男友達に「どんな体位でヤッたの?」「どんなふうに責めるの?」などと下ネタ質問をバンバン浴びせていたという。吉高はドSキャラとしても知られ、映画で共演したWエンジンのチャンカワイに「(吉高さんに)ベルトでバチーンってやられた」などと暴露されたことも。その際に吉高はチャンカワイに睨みをきかせており、その女王様っぷりに興奮したマニアも多かったようだ。

 いまや二児の母となった広末涼子(31)の肉食ぶりも業界で評判だった。メディアで報じられた男性遍歴は、伊勢谷友介や金子賢、最初に結婚した岡沢高宏、永井大、現在結婚しているキャンドル・ジュンら、俳優か繊細なアーティスト系といったところだが、かつて奇行を繰り返していたころの暴れぶりは有名だった。クラブに通い詰めていたころは、泥酔するまで酒を飲むのは当たり前で、ドラッグの影響ではないかといわれるほどのぶっ飛んだ状態になることも珍しくなかったようだ。一部では、クラブのVIPルームで男に言われるがまま、テーブルの上で灰皿に排便したという伝説もまことしやかにささやかれている。肉を食べると男とヤリたくなるため、事務所から“肉食禁止令”が出されたという逸話も、生粋の肉食ぶりを証明するエピソードといえるだろう。

 ファンとしては、興奮しつつも複雑な気持ちになる彼女たちの性豪伝説だが、私生活の恋愛やセックスが芸の肥やしになるのも事実。性豪として男を食い続けることで、色気に磨きをかけて我々を魅了してほしいところだ。
(メンズサイゾーより)
http://www.menscyzo.com/2012/06/post_4121.html


お次はこれ↓
松田聖子、山田花子、松居一代・・・、女性芸能人性豪レジェンド!
離婚・セクハラ・腰痛はこの女性性豪達が原因だった!?

芸能記者氏が「サイゾーウーマン」様に極秘ネタを披露!!
女性芸能人たちの「夜の顔」、女性芸能人版
性豪レジェンドをぶちまける!!

松田聖子さんの場合
「バツ2を経て、大学病院勤務のエリート歯科医と入籍した
松田聖子ですが、かねてから伝えられているように、
性欲旺盛ぶりは顕在。最近でも、恒例のディナーショーの終了後、
移動車に乗り込むや否や、カーテンで仕切られた後部座席で
お気に入りのマネジャーと2人きりでこもってしまうんだとか。
ステージ後のひとっ風呂感覚なのかもしれませんね」

聖子さん性豪ぶりは日本だけにとどまりませんからねえ~。
ジェフくんに暴露本を書かれ、ゲイのダンサー・アランくんにセクハラを訴えられ
それでも止まらない聖子さん性欲。スゴすぎ!
まあ、それだけパワフルだからこそ、あの若さを保てるのでしょうね!

一人娘の神田沙也加さんは大ヒット映画『アナと雪の女王』で歌唱力を高く
評価されていますが、心身ともに親子離れできそう!?


山田花子さんの場合

「芸人やスタッフの間で悪評が立っているんですが、
山田花子がパンサー・向井慧の下半身の写真を
『どうにかして手にしたい』と、後輩らに撮影を
強要しているそうです。昔から酔っぱらうとその辺が
だらしなくなると評判の山田ですが、芸歴27年の
ベテランとなった現在、その悪癖により拍車が
かかってしまっているようです」

2010年にトランペット講師・福島正紀氏と結婚した花子さん。
その夫からは「夜の営みは一回10万円」なる
”トンデモルール”を突きつけられているとか!

別の芸能記者氏は
「もはや吉本内にも『花子のためにならないから』と、
離婚を勧める関係者も存在するほど」
という情報も!後輩に対するセクハラはこんな歪んだ結婚生活にあるのかも!?
(後輩気の毒!)


松居一代さんの場合

「最近では女優業よりも、キッチン用品やタオルの
プロデュース、投資家として注目を集める
松居一代ですが、実は芸能界随一の“性豪”と評判です。
現在の夫・船越英一郎とは子連れの再婚ですが、
その前夫は松居に連日の営みを強要された末、腰を壊して
病院通いをするハメになり、結局それが離婚のきっかけと
なったそうです」
(エンタメ福福より)
http://mhnews2504.blog109.fc2.com/blog-entry-1314.html


次は一般女性↓
【SEX】乱交やハプバーに繰り出し監視が必要な性豪嫁
松田弘さん(仮名)・39歳・不動産



「結婚当初は一晩で3回、4回は当たり前。性欲旺盛な嫁とは思っていましたが、あんな大事件が起こるなんて」ある日、不動産業を営む松田さんの元に一通の手紙が届く。

「差出人はいまだに不明で、『あなたの奥さんは不倫に明け暮れてますよ』と書かれていた。出産してからはSEXレス状態だったので、まさかと思いつつ一応興信所を使って調べたら不倫どころではない事実が次々と明らかに……」

 複数の男との不倫密会は序の口、子供を保育園に預けて高級ホテルで行われる乱交パーティに直行していたという嫁。さらに松田さんが地方出張時には、連日連夜でハプニングバーにも通っていた。

「不倫は男性がホテル代を払っていたし、乱交も女性は参加費無料だったから、家計に負担がかからず全然気づきませんでした。2年近く通っていて、50人以上に抱かれていたそうです。さらに嫁が過去に風俗嬢だったのも発覚して……」

 当然、離婚問題に発展したが、嫁の「出産前はあんなに求めてきたのに。私だって寂しかったんだから……」と泣きつかれ、松田さんは自分にも非があると和解。

「現在は嫁の携帯、SNSのメールすべてを監視。それと浮気防止のために週2、3回は抱いているので、嫁も『二度と行かない』と満足しています。でも、僕ももうじき40歳なので体が辛くてそれが悩みでもあります」

 色っぽすぎる嫁も大変だ。


さて、本日のメインなのですが、叶姉妹の姉叶恭子さん。
このひとハンパないです↓



ヴァギナを自由自在に操る!

 そんな恭子さんのヴァギナは、いわゆる「名器」。なんと、日々のワークアウトによってヴァギナの筋肉(マッスル)が鍛えられているために、自由自在にヴァギナをコントロールすることができるのだそうです。彼女とメイクラヴする男性は一様に「こんなの初めて」と、ウブな女性のような発言をするのだそうです。

 セックスというと、一般には男性がペニスを膣に挿入して腰を動かし、女性は受け身で、リズムに合わせて喘ぎ声を出すというのがお決まりのパターン。多くのAVではそうしたシーンが繰り返されます。しかし恭子さんのメイクラヴは違う。メンズがペニスを挿入してくると、彼女はまず「動いちゃだめよ。いいからじっとしていて」と言うのです。そのまましばらく腰を密着させたままメンズが動かずにいると、恭子さんはヴァギナの中の「タン(肉ひだ)」で亀頭をとらえ、ヴァギナの筋肉をペニスに絡ませつつゆっくりと動かすのだそうです。そうしているうちに、メンズはあっさり射精に導かれてしまうのだとか。す、す、すごすぎー!

 さらに、恭子さんのヴァギナでは抜かずのもう一発も可能。射精しても「まだ抜いちゃだめよ」と指示されたペニスは、膣内で再び固く大きくなっていき、一回目同様のヴァギナコントロールによって、二度目の射精。同じようにして三度目もある……というのだから驚愕です。世界仰天ニュースです。

「つまり、わたくしは、腰を使わずして、ヴァギナの内部をわたくしの意のままに操縦することによって、ペニスを締め付けて、愛でることができるのです」


――メイクラヴ、セックスなどのカテゴリに関わらず、頻度を教えていただけますでしょうか?

K ほぼ毎日です? 1度の挿入につき、相手が抜かずに3回、トータルで5〜6回くらい射精するのが、わたくしにとってのスタンダードです。

――男性が5回もイクんですか!?(驚愕)一方で恭子さんは何度くらいオーガズムを迎えるのですか?

K そもそもオーガズムを感じやすい体質ですが、エクスタシーの状況で数など数えられないでしょう?(ニッコリ)。
男性は、それについてとても聞きたがりますが。

――男性は気にしますよね。
(メンズサイゾーより)
http://www.menscyzo.com/2013/09/post_6515.html 
関連記事
Powered By 画RSS
管理人おすすめサイト
安心して楽しめるエログ情報満載。 ネット上のあらゆるアダルトブログが集結するサイト「エログちゃんねる」
トップページで年齢認証がありますので、「18歳以上なので入場する」をクリック。 管理人はこのサイトの「ニュース」がお気に入り。興味あるカテゴリーをクリックしてみれば、デヘヘな動画が見つかるかも。

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ecchizenya.jp/tb.php/1610-5ed8703f