FC2ブログ

アナルを拡張しすぎた結果… - えっち膳屋

アナルを拡張しすぎた結果…



え~、当ブログ「えっち膳屋」にはアナル関連の記事がとても多いわけなんですが、これは管理人の趣味と、ありがたくも閲覧してくださる貴方様の支持が多かった事によるシンクロの結果なんですね。

ほいで、色々アナルの画像や動画なんかを探しまくっていると、無茶をしている方々がけっこういらっしゃるなあと思うようになるわけです。

で、「大丈夫なのかなあ…」と人ごとながら心配になってきたりするわけですね。

ということで「アナル拡張 事故」とかででグーグル先生に聞いてみました。

色々出てきたんですが、ちょっとだけ紹介してみます。 


Q&Aコミュニティーへの相談もありました。

昔付き合っていた彼氏にアナルフィストなどを日常的にしてアナル拡張されていたため、今でも、少し便が漏れオムツをしている。
見合いをすすめられても、躊躇してしまう。


かなりアナル中毒で、ちょっとしたオナラで便の混ざった汁が漏れるようになり、2年くらい全くいじらずにいたら少しましになったがそれでも少し漏れている。



この他にも色々読んでいると、拡張すると漏れるようになるのは本当らしいですね。
自分のパンツにいつも便のシミを発見してしまうのは、いやだなあ…と思ってしまいます。

でも、恐ろしいのは、どうも自分のパンツに便のシミをつけてしまうことを喜びとするような方達が、かなりの数いらっしゃりますっぽいんですね(^_^;)


こんな話も

「アナル拡張慣れた方だと、フィストとかした後、閉じてあげないと開きっぱなしになるんだよねぇ・・・」
と、SM関係の方のお話。



そして、ある拡張マニアで有名なご夫婦の話。

奥さんは股間に凄いタトゥーをしていて、そして、女性器もアナルも凄い拡張をしています。
でもそれでも飽き足らないらしく、お医者さんに「肛門括約筋を切ってくれないか」と相談したらしいです。
さすがにそれはできないと断られました。

そして、「そんなことをしてしまうと大便垂れ流しになってしまいますよ」と忠告されたのですが、「もとより覚悟の上です」と答えたらしいです。

「覚悟」
覚悟して拡張しているのですね。
すごいです!

ご夫婦でアナル拡張マニアの方々は、覚悟して拡張にはげんでいる人たちが多いですね。
それだけ、アナル拡張には魔力があるんでしょうかねえ。

いやいや、何事もムチャのし過ぎには注意したいものですが、性癖にまつわる事は皆様「わかっちゃいるけど」というところなんでしょうねえ。


最後に、病院のお世話になった事故。
日本消化器外科学会総会の報告例より抜粋。

巨大直腸異物により肛門機能廃絶と坐骨神経障害を来たした一例
症例は52歳男性.肛門自慰の性的嗜好歴あり.
平成22年12月中旬,午前5時40分ごろに自宅で自慰行為をしていた際に,
肛門に挿入した器具が破損し,抜去できなくなり救急要請した.

既往歴には特記事項なし.来院時現症で肛門から両下肢にかけての痺れを認めた.
肛門からは自慰行為に使用した器具が5cm程露出していた.
無麻酔下で用手的に抜去を試みたが,摘出は困難であったため,
同日緊急入院.全身麻酔下で摘出する方針とした.
来院約6時間後に,砕石位で手術を行い,鉗子で把持して摘出を試みたが
器具が崩れてしまうため,ミオームボーラーを用いて肛門から摘出した.
摘出標本は10×10×20cm大の洋梨型のウレタン性物質であった.

術後より排便は認めるものの,排便感覚を認めず,肛門機能廃絶と判断し,
異物除去術後5日目に横行結腸人工肛門造設術を施行した.
尿道カテーテルを抜去後も自己排尿が困難であり,間歇的自己導尿管理となった.
また,術前より認めていた両下肢の痺れは術後も継続し,運動障害も認め,歩行困難であった.
神経伝導速度には異常を認めず,直腸異物による圧迫に伴う坐骨神経麻痺と診断し,
リハビリテーション目的に術後27日で転科となった.

神経因性膀胱は改善せず,間歇的自己導尿継続.
坐骨神経麻痺に関しては徐々に改善傾向であったが,寛解までにはならず,
装具装着し松葉杖歩行の状態で,術後57日に自宅退院となった.

経肛門的直腸異物は,本邦における報告例も散見され,日常診療でときに遭遇することがある.
今回,我々は巨大直腸異物により肛門機能廃絶と坐骨神経麻痺を来たした一例を経験した.
文献的に検索しえた限りでは,直腸異物により坐骨神経麻痺を来たした例は認めず,
稀な症例と思われ,文献的考察を加え報告する.

 
関連記事
Powered By 画RSS
管理人おすすめサイト
安心して楽しめるエログ情報満載。 ネット上のあらゆるアダルトブログが集結するサイト「エログちゃんねる」
トップページで年齢認証がありますので、「18歳以上なので入場する」をクリック。 管理人はこのサイトの「ニュース」がお気に入り。興味あるカテゴリーをクリックしてみれば、デヘヘな動画が見つかるかも。

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ecchizenya.jp/tb.php/1470-6007a04e